2016年2月3日水曜日

Tønsbergでお散歩




トンスベルグ(Tønsberg)はノルウェー最古の都市。
人口は約46,000人だが、全体で人口500万人程度のノルウェーでは10番目に大きい街である。
彼の実家は、そのトンスベルグ郊外にあるセムという場所にあり、今回初めて訪問してきた。クリスマスの時期というのもあって、観光は特にせず、まったりとノルウェー人らしく過ごしてきたつもりである。
 
12月、ノルウェーでは日照時間が短い日々が続く。

私が留学したBodøは北極圏内。一日の日照時間は2〜3時間、短い時は40分くらいなのに対し、トンスベルグは南部に位置しており大体9〜15時の間は日が出ていた。同国でも緯度によって冬の印象ががらっと変わるのである。暗いことを想定していた私にとっては、ちょっぴり嬉しいお知らせであった。

とはいえ、着いて間もなくの頃は時差ぼけもあり、起床時間にはもう夕焼けが…(泣)
毎朝起きると慌てて外へ出て、日の暮れる前にお散歩をするという調子であった。







ノルウェーにいると、日が出ている時は外に出ようという気持ちが涌いてくる。
お日様のありがたみをひしひしと感じるからである。。

下の写真の用に、ちゃんと日が入ってくるように、窓が大きいお家もちらほら見かける。




こちらは、ツリーハウス。

ノルウェーにはどんな大きな街でも森や林がすぐそばにある。気が向いたらすぐお散歩ができる環境が整っているのである。だからノルウェー人はみんなお散歩が大好き。






林の奥に入っていくと、木には苔がたくさんついていることに気づかされる。Bodøとはまた違う雰囲気で、どこか日本を思わせる林である。





















クリスマス前には雪が降り、ノルウェーの可愛らしい家々を真っ白に染めた。雪が降ると、また違った風景が楽しめるところがなんとも贅沢である。





ある日、彼が車でビーチまで連れて行ってくれた。
雪と氷に覆われた海岸は、まさに「ホワイトビーチ」。
寒そうな中、たくさんの鳥たちがビーチで遊んでいるのを見ながら、お散歩を楽しむといった調子である。


















天気はどんよりしていたけれど、それでも雪景色は美しい。
特に何があるってわけじゃないけれど、歩けば子連れの家族が遊んでいる姿、美しい鳥たち、綺麗な結晶など色々楽しめるのがノルウェーのいいところだ。

なにより、ずっとその地に住んでいるノルウェー人自身がそれを楽しんでいることがすごいなと感心してしまう。自然と共に生きるということのヒントがノルウェーの生活には隠れていているように思う。



写真中心でしたが、読んでいただきありがとうございます。
ランキング押していただけると嬉しいです^^
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ

About the Author

Hirono Suzuki

Author & Editor

1992年東京生まれ。東京海洋大学海洋科学部卒業。大学1年生の春休みでのベトナム一人旅でアジアの魅力に魅せられ、それ以降東南アジアを中心に旅するようになる。フィリピン短期留学を2回、IELTS 受験を経て、大学3年でノルウェーへ一年交換留学。2016年8月からノルウェーの大学院にて修士課程Biosciences and Aquaculture専攻。研究テーマは微細藻類。環境や食について考えながら、日々過ごしています。世界27カ国訪問、一人旅派。2017年は読書の年📖👓

0 コメント:

コメントを投稿

 

© 2015 - Distributed By Free Blogger Templates | Lyrics | Songs.pk | Download Ringtones | HD Wallpapers For Mobile