2014年3月17日月曜日

Thailand part1 ::Khao Pangan::


 
留学前の12月中旬からタイへ行ってきた。タイは以前にバンコク、チェンマイを訪れた事があったが、今回はパンガン島、チェンマイ、パーイをメインに回ってきた。

 移動距離はなんと、1585km!パンガン島からフェリーに乗り、バスに乗り換えてバンコク着、その後バスを乗り換えてチェンマイにやっと到着。

 乗り換えの時間も含めパンガン島−チェンマイは合計30時間近くかかった。チェンマイ到着後何日間か風邪を引いた。かなり疲れるので一度で移動するのはあまりお勧めしない。



Khao Pangan

 パンガン島はサムイ島やタオ島と共に観光地として知られる。パンガン島は日本人にはあまり知られていないが、欧米人からはかなり人気がある。地球の歩きかたを見ても情報不足なのに対し、有名な旅行ガイドブックのLonely Planetを見ればわかるがかなり事細かに情報が書かれている。Khao panganは英語ではコーペナンといった感じで発音する。オーストラリア人の相方に「コーペナンに行きたい」とSkypeで言われたときは、どこのことを言っているのか全くわからなかった。。

 私はブッキングはあまりしないほうだが、行く時期がフルムーンパーティー直前だったため、念のため日本にいるときにLomprayahのサイトから、バンコクからパンガン行きのチケットを予約した。Lomprayahはカオサン通りから歩いてすぐのところにある。わかりやすくておすすめ。

 さて、パンガン島といえばFull moon party!! full moon party以外にも毎週のようにパーティーがある。まさにparty islandだ。特に観光地があるわけでもなく、観光客はダイビングや、日光浴を楽しむ。フルムーンパーティー以外ではそんなに人を多く見かけなかった。みんな二日酔いで寝てるのだろうか。ザ・観光地という印象もなくゆったりとした時間を過ごせると思う。







SUSHI。全体的にねちょっとしていた。一個30円くらい。




Diamond Muay Thai


 パンガン島にいる間はムエタイのレッスンを受けた。タイ人の先生はあまり英語がうまくないが、ジェスチャーでなんとかなった。やはり新しいことに挑戦するのは楽しい。ここでは、希望すればリングに立つこともできる。オーストラリア人の友達はムエタイ初挑戦1ヶ月目でリングに立った。




 相方はボクシング歴6ヶ月だったため、初の試合にかなり興奮していた。



試合のチラシ。しかし、フェイクが多く、タイ人は大体違う人。



 マッチはフルムーンパーティーの前日に行われる。観光客が多いため、本格的なマッチではなく、観光用の見せ物という印象だ。最初のほうはタイ人同士が戦うのだが、倒れ方も派手で、明らかにfakeだった。
 ここでお金をかける人もいる。私がボクシングジム関係者側にいたからか、タイ人に「あいつ強いか?」と結構聞かれたりもした。結局相方は試合に勝った。二週間の食事分を補えるくらいのお金をもらっていた。
 ローカルのタイ人と触れ合う機会にもなるのでムエタイに挑戦したことのない人は、挑戦してみてもいいかもしれない。



 パンガン島で見た夕日は本当に綺麗だった。夕日が海に沈む景色は見ていてうっとりしてしまう。ハンモックでくつろぎ、好きな音楽に浸りながら本を読む。ゆっくりと時間が流れてゆく。











full moon party
  フルムーンパーティーは基本的に一ヶ月に一度行われる。島全体がクラブと化すビーチパーティーだ。リストバンドをエントランスで買い、その後はバーを自由に行き来できる。
 スケジュールはここからチェックできる。



full moon partyに向かう前、バーで体をペイントした。






相方の腕に東京♥とかいてみた




New Zealand人の子がペイントしてくれた。
相方のはタトゥー....

 ドリンクは基本的にこのように売られている。バケツごと買って、中に入っているすべてのドリンクを混ぜる。なんとも豪快な。






こんな風にして飲む。



骨のボディーペイントかっこいい





パーティーはこんな感じ。とにかくすごい人。毎月1~3万人の人たちが集まる。




ファイヤーショー
欧米人も回してるとこをみたので、挑戦できるのかも?


 他にも炎の縄跳び、炎のリンボーダンスなどクレイジーなアトラクションがある。炎の縄跳びはかなり危険なので初心者はやめといた方がいいかも。ビーチからボートも出ているが、そのうちのいくつかは同じ場所には戻ってこないため、酔っぱらったノリで乗ってしまうと面倒な事になる。友達は次の日のお昼に帰ってきた。


 こんな感じでパンガン島は「騒ぎたい!パーティーしたい!」という人にはうってつけの場所だ。フルムーンパーティー以外の時はわりと落ち着いている島なので、ビーチでのんびりしたり、ぶらぶら散歩したり、ゆったりとした時間が過ごせるところが魅力的だ。ローカルのタイ人も穏やかで優しい。正直あまりこのようなツーリストで埋め尽くされているパーティーにいい印象はないが、ジムのタイ人のトレーナーたちも売り場で働いている人たちも楽しんでいてほっこりした。島の雰囲気が好きなのでいつかまた訪れたい。

 


なぜか警察と写真撮影。




About the Author

Hirono Suzuki

Author & Editor

1992年東京生まれ。東京海洋大学海洋科学部卒業。大学1年生の春休みでのベトナム一人旅でアジアの魅力に魅せられ、それ以降東南アジアを中心に旅するようになる。フィリピン短期留学を2回、IELTS 受験を経て、大学3年でノルウェーへ一年交換留学。2016年8月からノルウェーの大学院にて修士課程Biosciences and Aquaculture専攻。研究テーマは微細藻類。環境や食について考えながら、日々過ごしています。世界27カ国訪問、一人旅派。2017年は読書の年📖👓

0 コメント:

コメントを投稿

 

© 2015 - Distributed By Free Blogger Templates | Lyrics | Songs.pk | Download Ringtones | HD Wallpapers For Mobile